30代から始めるAGA・ハゲ・薄毛の治療体験記

Mr.BaldのAGA治療体験記

AGA治療

AGA治療7ヶ月経過・細〜い産毛がしっかりとした髪に変化

投稿日:

AGA治療7ヶ月経過・細〜い産毛がしっかりとした髪に変化のアイキャッチ
2019年の4月から治療を初めて7ヶ月が経過しました。


春夏秋と超えてついに冬に差し掛かりました。


治療は変わらずフィナステリドの服薬とミノキシジルの塗布。


7ヶ月が経ち、ようやく生えてきた髪の毛が写真に写るくらいにまで成長しました!





前月のおさらい

それでは毎度おなじみ、前月のおさらいから入ります。


以下写真が前月のものです。


2019年10月20日に撮影した生え際

前月は治療を開始してから半年が経過した月でした。


治療を開始したときにはクリニックからAGAの治療で成果が見え始めるのは半年くらいからと言われていたので、待ちに待った半年といった感じでした。


生え具合といえば、ボクのオデコで言えば軽度なハゲ具合の左側と、深刻なまでにえぐるようにハゲている右側とで生え方にありましたが、どちらも少しずつではありますが確実に生えてきていました。


ハゲ具合が軽度な方が、発毛効果があるように感じています。



AGA治療 7ヶ月経過

それでは7ヶ月経過の写真と半年経過の写真をあげていきます。


2019年10月20日に撮影した生え際
2019年11月20日に撮影した生え際

※画像をクリックすると拡大します


写真右側のえぐれていた部分の、一番奥の細い産毛だったものが成長して写真にはっきり映るようになってきました。


2019年10月20日に撮影した左側の生え際
2019年11月20日に撮影した左側の生え際
この角度だと生え際の奥の部分の違いがわかりやすいですね。


えぐれるようにハゲあがっていた部分の髪の密度が高くなってきました!



2019年10月20日に撮影した右側の生え際
2019年11月20日に撮影した右側の生え際

逆サイドはこんな感じです。


ベジータさんのようにグイッと上がっていたM字部分が徐々に消え始めてきています。


あ〜嬉しい。


自分の顔面を鏡で眺める趣味はありませんが、こんな風にM字部分が隠れてくると、自分のオデコが愛おしく感じてしまいます。


治療を始めて順調に改善が見られる月も、新しい髪の生え具合がイマイチな月もありましたが、しっかりとカメラにも写ってくるくらいに産毛が成長しているのがわかると、客観的に見ても成長を感じられますよね。



治療は気長に焦らずに

さてさて、ボクのハゲ頭の経過を見ていただいておりますが、ここまで生えてくるのに7ヶ月です。


例えば、治療開始1ヶ月経過と今回のを見比べるとこんな感じ。


2019年5月13日に撮影した生え際

2019年11月20日に撮影した生え際
治療は結構進んでいるなと思いますが、ここまで生えてくるのに7ヶ月は結構時間がかかるもんだなと思っています。


ツイッターやブログ記事を見ていると3ヶ月で大きく改善する人などもいるので、なんで自分はそんな風に生えてこないんだとガッカリもしましたが、こればっかりは個人差があるので仕方がないですよね。


これからAGA治療を開始する方は、いろいろな情報をすでに見て調べているでしょうから「自分もこんな風に早々に生やしたい!」と思っている方が多いハズです。


最初は産毛が生えてきた段階ではおぉ!髪が復活してくる兆しを感じるぞ!なんて喜べますが、そこから成長速度が著しく低下すると薬の効果が止まったのか?と疑心暗鬼になってきちゃいます。


ただ、産毛は成長速度が普通の髪の毛より遅かったりもするので、途中で諦めることなく気長に治療を続けることが大切です。


AGA治療は気長に、焦らず、ゆっくりと治療経過を見守り続けるというのが大事ですね。



副作用は微塵も感じない

当初は副作用かも〜と自分の元気のなさに不安を感じましたが、結局気のせいだったなと感じています。


副作用?なんですかそれ?といった感じで毎日元気です。


元気すぎて困っているくらいですが。


ただ、副作用はいつどのように出てくるかはわからないので、常日頃から自分の体調の変化には気を配るといいですね。


身体に異変を感じたらAGA治療を行っている病院やクリニックに連絡し、今後の治療計画を相談してみてください。



薬の飲み合わせを考える

いつもは1ヶ月間の髪の成長具合と、副作用についてをまとめて記事を終えるのですが、7ヶ月の時期でいつもと違う事がありました。


それは薬の飲み合わせです。


AGAの治療を始めてからAGAの治療薬以外を飲む機会がなかったのですが、今回皮膚科を受信したので新たに薬を飲む機会がありました。


薬は成分によっては一緒に飲んではいけないものもあるので、新たな薬を処方される場合は確認が必要です。


確認と言ってもそんなに難しいことではなく、以下のようなものです。


  • 病院を受診の際は今使用しているAGAの治療薬(ミノキシジルやフィナステリド)の詳細を病院に伝える
  • 現在の薬と合わせて飲んでいいものを処方してほしいとの旨を伝える

これだけです。


AGAの治療薬の詳細については病院から処方される薬と合わせて詳細を記した説明書みたいなものを渡されるので、それをそのまま新たにかかる病院に持参しました。


それを見た上で病院で問題ないと判断した薬の処方が決まったので、AGAの治療中に病院にかかるさいは薬の詳細は必ず伝えてください。


万が一飲み合わせが悪くて体調に異変をきたすと、髪の治療をしている場合じゃない!ってなる可能性もありますからね。


新たな薬を服用する場合には、処方先に事前によく確認してください。



来月に向けて

来月に向けて豊富の一つでも持ちたいところですが、毎日薬を飲んで塗っての繰り返しなので、そんなに大層な意気込みはないです。


毎日忘れず飲んで、忘れずに塗る。

これだけです。


のんびり気長に治療していきます。


管理人
このブログでは個人の体験としてAGAの治療の内容や経過を記しています。
特定のクリニックや薬のご利用を勧めるものではありませんので、あくまでも参考程度に見てください。

治療はクリニックや医師と相談の上、適切に行ってください。





-AGA治療

Copyright© Mr.BaldのAGA治療体験記 , 2020 All Rights Reserved.